渋見やまもと歯科

メニュー

むし歯・歯周病治療


10年・20年先により良いお口の健康を保つためには、歯自体の治療だけではなく、
歯を支える歯ぐきの治療も大切であると考えています。
そのため、渋見やまもと歯科では、
初診時以降の治療を「歯の治療」「歯ぐきの治療」と大きく2つに分け、
治療の予約もそれぞれにお取り頂きたいと思います。
これにより、短期間でかつ、しっかりとした治療が可能となります。



むし歯治療


歯は一度削ってしまうと二度と元には戻ることはない、ということをご存知でしょうか?
被せ物や詰め物による治療で歯が治った気がしても、実際は削れば削るほど、天然歯の寿命は短くなってしまいます。
渋見やまもと歯科では、なるべく削らず、抜かない治療を目指し、
可能な限り多く長く天然の歯を残せるようにつとめています。


歯の予防

大切な歯をむし歯から守るために


むし歯は、初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため、発見が遅れがちです。一度進行してしまうと痛みがなくなっても自然に治ることはありません。むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。早期発見・早期治療に取り組めば、それだけ歯を長持ちさせることができます。家庭での毎日のケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、むし歯になるリスクを減らし、いつまでも健康な歯を守りましょう。


むし歯のセルフチェック
(思いあたる症状・習慣をチェックしましょう)


  • 歯みがきは一日2回以下
    熱い物・冷たい物が歯にしみる
    歯が抜けたままの箇所がある
    間食やだらだら食べることが多い
  • 甘い物をよく食べる
    歯並びが良くない
    口の中が乾きやすい
    被せ物や詰め物をしている歯が多い

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、むし歯の可能性があります。
むし歯は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。






歯周病治療


渋見やまもと歯科では、実際に治療を始める前に歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因・進行具合は人それぞれ異なりますので、
患者様お一人おひとりに適した治療を考え、ご提案致します。


歯を失う原因第1位の「歯周病」とは

歯を失う原因第1位の
「歯周病」とは


歯周病とは、歯肉炎・歯周炎の総称で、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまり(歯周病菌)によって、歯ぐきが炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。日本では成人の80%以上が歯周病であると言われ、誰もがかかる可能性のある身近な病気です。歯周病は痛みなどの自覚症状が少なく進行するため、気づいた時には重症化しているということも少なくありません。細菌感染によって歯の周りの組織が破壊され、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。早期発見、治療を心がけましょう。


歯周病と全身の関わり

歯周病と全身の関わり


歯周病菌は、口腔内にとどまらず、歯肉の血管を通して簡単に血液中に入り込み菌血症を起こします。細菌が出す毒素や炎症物質が全身に回り、各臓器にもさまざまな悪影響を及ぼし、その発症や進行のリスク因子になることが明らかにされています。歯垢(プラーク)をしっかり取り除き、お口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。


お口の中の細菌が誤嚥性肺炎や血液を経由して全身へ流れ疾患を引き起こします。
お口の中を清潔にすることで、全身疾患の状態の悪化を防ぎます。


歯周病のセルフチェック
(思いあたる症状・習慣をチェックしましょう)


  • 歯みがきをすると、歯ぐきから出血する
    口臭が気になる
    歯ぐきに赤く腫れた部分がある
    歯と歯の間に食べ物がつまりやすい
  • 歯が長くなったような気がする
    朝起きた時、口の中がネバネバする
    歯肉がむずがゆい、痛い
    冷たいものや熱いものがしみる

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。
歯周病は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。


ページトップ

Copyright © 2019 Shibumiyamamoto Dental Clinic