渋見やまもと歯科

メニュー

矯正歯科


矯正歯科

バランスのとれた
美しい口元へ

バランスのとれた美しい口元へ

矯正歯科治療とは、悪い歯並びや噛み合わせを整え、美しい歯並びにする歯科治療です。バランスのとれた美しい歯並びをつくることは、食べ物をしっかり噛めるようになるなど、全身の健康にもつながる重要な要素です。歯並びが整うことで歯磨きがしやすくなり、「むし歯」や「歯周病」予防にもつながります。ご自身やお子さまの歯並びが気になる方、矯正を始める時期、費用の面など、ご心配なことや気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。


矯正治療は
いつ始めたらよいか?

矯正治療はいつ始めたらよいか?

歯並びの状態によっても変わりますが、歯並びが悪いと思い始めたらできるだけ早く専門医に相談することをおすすめします。特に、小児の場合は成長期に矯正治療を始めることによって治療方針の選択が広がります。


矯正治療を
始める前に

矯正治療を始める前に

矯正治療を始める前に、本人について、歯の型、顔の写真、レントゲン写真などを撮影し詳しく診査します。この診査結果をもとに、診断・治療方針・費用・治療期間をお話しします。矯正治療はむし歯の治療と違い、体の成長とともに治療する場合が多く治療期間が長くなります。治療期間中は月に1回程度の処置を行います。そのため、矯正医の指示に従い根気よく通院しないと良い結果は得られません。治療を始めてから途中でやめることのないよう、通院できる見通しができてから始めましょう。



不正咬合の代表例

  • デコボコ

    歯の生えるスペースがなく、重なり合っている状態(八重歯・乱杭歯・叢生など)

  • 出っ歯

    上の前歯が下の前歯よりも標準値を越えて出ている状態(上顎前突)

  • 受け口

    上顎の歯よりも下顎の歯が前に出ている状態

  • すきっ歯

    歯と歯の間に隙間がある状態(空隙歯列)

  • 開咬

    歯奥歯は咬み合っているのに前歯が咬み合わず隙間がある状態(オープンバイト)


矯正歯科では歯並びをきれいにして、噛み合わせを整え、
さまざまな不正咬合を改善します


矯正診断料 30,000円
Ⅰ期(混合歯列期まで) 360,000円
Ⅱ期(当院でⅠ期治療を受けられた方) 640,000円
Ⅱ期(はじめての方) 750,000円
処置料 3,000円×回数

※表示の費用は税抜価格となります。


ページトップ

Copyright © 2019 Shibumiyamamoto Dental Clinic